読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理学の本棚のすみっこ

じょーの個人的なこと。

1ヶ月

人間のことは、だいたい1ヶ月で変化させることができるのだと感じます。

たとえば、仕事を辞めるときは1ヶ月前に言っておけばいいし、家を借りるときも1ヶ月くらいあると、書類~入居までどうにかなります。そういえば住んでいる家の退去も、1ヶ月前までに言わないとダメです。言った日から数えて30日間は退去できません。実質的には退去も引き渡し作業もしてしまったとしても、言った日から30日間の家賃が取られてしまうんですね。

仕事を辞めて住むところを変えたら、大人としては相当に生活を変化させたと言えると思うのですが、そのために必要な最低限の期間は、たったの1ヶ月なのです。

加えて、車を買った経験からも、1ヶ月で買えるという感じがしました。車屋さんの方の手続きだけでなく、車庫の書類などにも少し時間がかかるので、1週間や2週間ではさすがに無理そうでした。

大人であれば、変えるのに必要な期間は、1ヶ月。

でも、これは、社会的な話です。あるいは、経済的な話。

それらの外的なものに、こころが追いつくのには、もう少し時間がかかります。でも、生活のリズムを作るのに2週間、地域の様子に慣れるのに2ヶ月、というのが私に必要な期間です。人によって、内容によって、少し期間は違うのでしょうけれども、おおよその人はその程度ではないでしょうか。

外側を変えたら、内側は変わってしまう。人生はただの適応過程です。

だとしても、その一瞬一瞬に潜む気持ちに貴賎はありません。全部本当のことで、全部大事なことです。

今年も、おまえが生きているということは誰にも劣ってなんかねーよ、と叫びながら生きていきたいと思います。俺も本物、おまえも本物!そう、ロックンロール!

 

そんな気持ちのときに、思い出すのはこの本のこと。

psychologicalbookshelf.hatenablog.com

広告を非表示にする