心理学の本棚のすみっこ

じょーの個人的なこと。

ピヨピヨ

自分がひらがなで鳴いているのかカタカナで鳴いているのかわからないけれど、わたしはときどき、ぴよぴよと鳴く。

しゅんとした、すこしさびしい、あるいはすこしかなしい気持ちのときに、鳴く。

 

鶏舎火災のニュースを思い出して、鳴く。

例) 鶏舎 出火 - Google 検索

 

ぴよぴよ。

ひよこがたくさん焼け死んだんだろうなあ…と想像する。

でも、そのひよこは、育っても、食肉加工されちゃうのだ。

焼けるも地獄、焼けないも地獄。あるいは、いま焼けなくても、出荷されてしまえばいずれはフライパンの上だ。

ぴよぴよ。

 

希望とか、意味とか、正義とか、わからなくなったときに、鳴く。

ぴよぴよ。